--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2月にこのタイトルで自分の結婚相手の男性を西暦、生年月日で出してもらえる占いの先生に占ってもらった話をしましたが、私の今の伴侶はその主食の中の生年月日にドンピシャではないですが候補として入っています。その候補の第一位の男性にも出会っていたのですがその占いを見てもらう頃には彼は結婚していてすでにお子さんもいて・・・
若い頃の夜遊びの友人の一人でしたが、その当時はお互い恋愛感情もなく過ごしてしまいました。今思うと若い頃はおかずの様な人が魅力的に見えたのでしょうね。笑。
 
 誰かの詩の言葉で結婚前の若い二人は見つめ合って前に進み、結婚した二人は同じ方向を見て前に進むと書いてありました。本当にそうかも知れません。最近、50代の知り合いの夫婦が離婚なさいました。色々なことも積み重ねかも知れませんが、彼女は素敵で料理も上手でお子さんも3人、最近ではお孫さんも出来て、私から見ればとても幸せそうでした。そんな彼女は最近、仕事もして、里帰りの娘さんの世話、お孫さんの世話と忙しそうでした。そのな時期に 彼女のご主人は自分の食事が出来てないと激怒したそうです。彼女は、御自分の忙しさと、今まで3人の子育てを振り返りご主人が何も理解を示さず、協力もなく過ごしてきたことに気がついたそうです。そんな話を離婚の理由として私に話してくれました。

 私は仲良くなった花嫁にはいつもこうアドバイスします。
「最初からがんばらず、自分を良くみせちゃだめよ。」って・・・
だいたいの男性はマザコン。周りのことはやってもらえるのが当然に思っていて家事なんて好きな男性はめったにいないんのです。でも、基本的に家事は女性がやったほうが素敵な女性として奥様として見られます。だから・・・適当にやったほうが良いのです。完璧なのは続きませんよ。そして、料理だけは手を抜かない。料理が美味しければ家での食事を楽しみにしてくれます。
男性って単純なんですよ。

レース

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://weddingcandy.blog52.fc2.com/tb.php/51-f9d81142
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。